アルピニスト 2020年夏号(#70)

アルピニスト 2020年夏号(#70)

close

最近見た商品

最近見た商品がありません。 履歴を残す場合は、"履歴を残す"をクリックしてください。

アルピニスト 2020年夏号(#70)

¥2,000 (税込)

他の追従を許さないハイクオリティ・クライミングマガジン。現代アルピニズムの最前線が、格調高い写真と文章で誌面に蘇ります。
商品コード: ZS90030070
  • お気に入りに追加

    商品説明

    The Magnificent Obsession
    標高8,125mの魔の山ナンガ・パルバットは、他の8,000m級より多くの冬期登攀の挑戦を退けてきました。エリザベス・レボルが、この「パラドックスの山」で過ごした日々を語り、バーナデット・マクドナルドが、この悪名高いピークの冬期登攀の歴史を振り返ります。

    Rebuilt
    2002年、クレイグ・デマルティノは30mの高さから地面に落下。一命は取りとめたものの右足の膝下を切断することになった彼は現在、妻や子供たちとの生活を大切にしながら、人生を左右するようなケガを負った人たちにクライミングを指導しています。

    Encounter with the Alien
    2000年8月、ジェフ・スムートがモンテクリスト山頂付近をひとり登っていると、見知らぬ男が通り過ぎて行った。後日、ハイカーが行方不明になったというニュースを聞き、彼を最後に見たのは自分だったかもしれないことを知る。様々な憶測が報道される中、事件の真相と、あのとき自分がひとりで登らざるを得なかった理由を探る。

    The Monochromatic Mountain
    山頂の上空を飛行しながらクライマーとして常に求めていた景色を追い求める写真家のジョン・スカーロック氏。クライマーの感性と航空写真のアングルが織りなすモノクロームフォトエッセイ。

    Tool User
    クラックを登るクライマーたちがテープの有効性(あるいは必要性)について議論を続ける中、再利用可能なクラック用グローブは時に厄介なギアと位置付けられます。ジョン・ロングの体験談とクラックグローブの歴史と不条理さについて考察します。

    Full Value
    オハイオ・リバー・バレーの炭鉱労働者の子孫であるアンディ・ムナスは、炭鉱産業がもたらした弊害と、クライミングが約束してくれる自由について考えます。

    カバーフォト:カナダ・バンフ国立公園、カスケードマウンテンの「Minihapa」を登るマイク・スチュアート
    撮影:夜の写真に魅了されたポール・ジシュカ
    サイズ 228×276mm
    ページ数 116
    出版社 Height of Land Publications
    言語 英語
    閉じる