アルピニスト 2018年冬号(#64)

アルピニスト 2018年冬号(#64)

close

最近見た商品

最近見た商品がありません。 履歴を残す場合は、"履歴を残す"をクリックしてください。

アルピニスト 2018年冬号(#64)

¥2,000 (税込)

他の追従を許さないハイクオリティ・クライミングマガジン。現代アルピニズムの最前線が、格調高い写真と文章で誌面に蘇ります。
商品コード: ZS90030064
  • お気に入りに追加

    商品説明

    第1特集では難攻不落を謳われるラトックI峰北峰をフィーチャー。ジェフ・ロウらによる伝説的な挑戦から40年、北稜は未だ挑戦に値する対象であり続けています。
    第2特集ではポーランド出身の孤高のクライマー、Marek Raganowiczにスポットを当てます。

    All from Nothing
    1978年のアメリカ隊(ジム・ドニーニ、マイケル・ケネディ、ジョージ・ロウ、ジェフ・ロウ)によるラトックI峰北稜への挑戦は、伝説のエクスペディションとして今なお語り継がれています。それから40年後の2018年、トム・リビングストンらスロベニア/イギリス隊が北稜経由の登頂に成功しました。北稜に情熱を捧げたリビングストン、グコフ、ドニーニの3人が、時代を超えた挑戦について語ります。

    The Elixir
    クライミングアーティスト、サラ・ウールの世界。彼女は山岳風景の輪郭に潜む、野生のエッセンスを探求しています。

    The Secret of Silence
    ポーランドのビッグウォールクライマー、Marek Raganowiczは人生において数多くの沈黙を経験してきました。1970年代のポーランドでは共産主義体制下での沈黙を、ヒマラヤや北極圏でのクライミングでは隔絶された孤独を...そして2017年、バフィン島の厳しい寒さと孤独の中、彼は人生最高の感動に遭遇します。

    Life Compass
    2018年3月、ブレット・ハリントンは夫のマルク・アンドレ・ルクレールを遭難事故で失いました。一ヶ月後、彼女はカナディアンロッキーを訪れ、夫との日々を回顧しつつ新しい人生の指針を探します。

    カバーフォト
    ラトックI峰北稜で佇むジェフ・ロウ(1950-2018)。パキスタン、カラコルム山脈、1978年。
    撮影:ジム・ドニーニ
    サイズ 228×276mm
    ページ数 116
    出版社 Height of Land Publications
    言語 英語
    閉じる